ボードゲームプロジェクト,  市電馬鹿話

札幌市電ボードゲーム開発プロジェクト発足

市電馬鹿倶楽部では、札幌市電をモチーフにしたボードゲーム「札幌市電ボードゲーム(仮称)」の、令和5年度内の発表を目指して、開発プロジェクト・チームを立ち上げました。その構成は、当初

⚫交通局(ルール・デザイン統合/プロデュース業務)
⚫車両部会(ボードデザイン開発)
⚫運行部会(ルール開発)

の3部会とし、必要に応じて部会数やメンバーの増減を行いながら、開発を進めます。さしあたりの活動は、現在唯一のメンバーである当倶楽部主宰「市電馬鹿一台」が、令和3年度内にドラフト・プロポーザルを作成。それまでに募集等により各部会メンバーを選定。以降作業を分担します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です